2019年03月15日

 

Charity Concert for Sendai vol.9 のお知らせ

5月4日(土)、今年も東京でCharity Concert for Sendai Vol.9が開催されます。このコンサートは、仙台国際コンクールで出会ったピアニスト佐野隆哉様、鈴木美紗様、法貴彩子様、米津真浩様の4人による素敵な演奏が繰り広げられるものです。ドビュッシーやバルトークなどの作品が演奏されます。また、このコンサートの収益のすべてが、コンクールでお世話になった仙台市と子どもの村東北に贈られることになっております。ゴールデンウィークに東京方面にお出かけでしたらぜひお立ち寄りください。

 






2019年03月15日

 

子どもの村東北支援自動販売機が増設されました!

子どもの村東北をご支援いただく方法のひとつに、寄付型自動販売機を設置していただく方法があります。この自販機は現在、全国に14台も設置されています。そこに新たに1件増設されました。仙台市青葉区一番町一丁目界隈にある「アリオール一番町」というマンション前です。飲料水を購入していただくとその売上の一部が子どもの村東北に寄付される仕組みになっています。お近くをお通りの際には、ぜひここでご購入ください。
この自販機を設置頂いた株式会社シライシコーポレーション様と、寄付型自動販売機の設置管理運営に協力していただいているコカ・コーラボトラーズジャパン株式会社様に改めて御礼申し上げます。

 






2019年03月10日

 

Bloom Works & 幹miki LIVE in SENDAIの関係者の皆様に感謝!

2019年3月10日。今日は、仙台市内のライブ会場に募金箱を置かせていただきパンフレットも配布していただきました。アーティストと主催者のみなさんには心から御礼申し上げます。

このライブを行った2組のアーティストのうち、神戸を拠点に全国ツアーも開催する「Bloom Works」は、日本のヴォイスパーカッション第一人者「KAZZ」と、アコースティックシンガーソングライター「石田裕之」による2人組。2人は、防災・減災を音楽を通して伝えており、復興支援のため宮城にも数えきれない程訪れている。その代表曲のなかもで「プロムナード」は復興の歩みを進めている女川町の姿を歌っている。また、もうひとりは、宮城にある結婚式場マリアージュ・アン・ヴィラのCM曲に使われている「ハレル夜」や東北・みやぎ復興マラソンのテーマソング「ともに歩こう」でおなじみの蔵王町在住のシンガーソングライター「幹miki」さんだ。

すてきな演奏と空間でした。関係者のみなさまに重ねて御礼申し上げます。






2019年03月09日

 

街頭活動報告

2019年3月9日(土)、仙台市青葉区の東二番町通りで、恒例の街頭活動を行いました。今回も、聖和学園高等学校薬師堂キャンパスの生徒さんが3名参加してくれました。日中は温かな日差しが差し込みましたが、日陰になると体が冷え込むこともあるなか元気に協力してくれました。ありがとうございました。道行く方々のご厚意で16,373円もの募金が集まりました。募金にご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。今年だけで64名、2016年度から延べ168名もの高校生ボランティアの協力を受けることができました。特に、聖和学園高等学校と常盤木学園高等学校のみなさまに心から御礼申し上げます。






2019年03月08日

 

子どもの村で働くスタッフを募集しています!

私たちと一緒に、「子どもの村東北」の運営に携わってくださる「センターハウススタッフ」と「ファミリーアシスタント」を募集しています。
関心がある方は、気軽にお問合せください。応募締切は3月31日(日)必着です。

【募集要項】センターハウススタッフ

【募集要項】ファミリーアシスタント

お問い合わせは、法人事務局 TEL:022-748-6936 担当:長谷川、橋浦まで。

 






2019年02月28日

 

東日本大震災こども未来基金様に心より御礼申し上げます

東日本大震災こども未来基金2018年度助成により、子どもたちの学習塾費用や、里親子家族の旅行費用に活用させて頂きました。

厳しい経験を積んできた子どもたちにとって、将来の夢をもち、具体的に勉学に励むことは、前向きにそして明るく生活する原動力となります。今回、学習塾などに通えたりしたことで、成績も着実に向上し、日々の生活にも自信が満ちてきています。また、里親子が旅行などで、信頼関係を深め、素敵な思い出を共有できたことも、子どもにとっても育親(里親)にとってもかけがえのない貴重な経験となりました。

そのような機会を実現できたのも東日本大震災こども未来基金様のお蔭です。心より御礼申し上げます。

 






2019年02月18日

 

公開講座「学ぶことが大好きになるビジョントレーニング」好評受付中!

2019年3月29日(金)、子どもの村東北人材養成研修会第7期公開講座として「学ぶことが大好きになるビジョントレーニング」を開催します。

「ビジョントレーニング」とは、視る力を向上させることで、脳機能を向上させるトレーニングです。アメリカにおいて歴史が深いトレーニングなのですが、学習障害(LD)や注意欠如・多動症(ADHD)の子どもたちの諸問題の改善・克服から、プロスポーツ選手のパフォーマンス向上に用いられています。現在は、日本でも導入されつつあります。

里親さんが子どもを養育する際に、このトレーニングの知識を持っていることが助けになることが予想されますし、学校の中で、家庭の中で、どんな環境であっても子育てに役立つ知識だと思われます。

この機会に、ぜひご参加ください。

◆ 日時:2019年3月29日(金)  13時~16時 (開場12時30分)
◆ 会場:エル・パーク仙台  (セミナーホール1、2)
〇 会場住所:仙台市青葉区一番町4-11-1  141ビル5階
◆ 主催:認定NPO法人子どもの村東北
◆ 主催:宮城県、仙台市、宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、宮城県なごみの会、仙台市ほほえみの会

◆ 講師:北出 勝也 氏

〔講師プロフィール〕
視機能トレーニングセンター  JoyVision  代表
米国オプトメトリスト(検眼士)
一般社団法人 視覚トレーニング協会 代表理事
一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 理事
兵庫県立特別支援教育センター 巡回相談員
1999年 米国パシフィック大学 オプトメトリースクール卒業
同年 視機能トレーニングセンターJoyVision を神戸に開設

〔主な書籍〕
・発達の気になる子の 学習・運動が楽しくなるビジョントレーニング(ナツメ社)
・学ぶことが大好きになるビジョントレーニング(図書文化社)
・クラスで楽しくビジョントレーニング(図書文化社) 他

◆参加無料(定員100名)
◆託児あり(定員10名・要予約、先着順)

◆ 申込み:申込書を下記までFAX或いはメールでお送りください。
申込書PDF〕  〔申込書Word

【お問い合わせ・申込みは法人事務局へ】
TEL:022-748-6936
E-mail:info@cvtohoku.org






2019年02月08日

 

継続したご支援に心より御礼申し上げます。

2019年2月3日(日)、田村市文化センター(福島県田村市)を会場に、平成30年度日本赤十字社福島県支部田村市地区事業「赤十字市民フォーラム」が開催されました。当法人理事長の飯沼一宇が、戊辰戦争時白虎隊士たちが飯盛山に撤退し、その地を最後の地とし自刀を決行した際、奇跡的に一命を取り留めた白虎隊士・飯沼貞吉の直系の孫であることと、宮城県石巻市ある石巻赤十字病院の院長を務めていたご縁で、「白虎隊士飯沼貞吉の事績と奇跡~東日本大震災での石巻赤十字病院の活動まで」と題した講演をさせていただきました。会場では、子どもの村東北支援のため募金活動も行われ57,030円もの募金をいただきました。募金にご協力頂きましたみなさまに御礼申し上げます。さらに、会場での募金活動に取り組んで頂いた日本赤十字社福島県支部田村市地区有功会と田村市赤十字奉仕団連絡協議会の皆様からはご寄付もお贈りいただきました。重ねて御礼申し上げます。






2019年02月04日

 

公開講座「学ぶことが大好きになるビジョントレーニング」参加申し込み受付中

2019年3月29日(金)、子どもの村東北人材養成研修会第7期公開講座として「学ぶことが大好きになるビジョントレーニング」を開催します。

「ビジョントレーニング」とは、視る力を向上させることで、脳機能を向上させるトレーニングです。アメリカにおいて歴史が深いトレーニングなのですが、学習障害(LD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもたちの諸問題の改善・克服から、プロスポーツ選手のパフォーマンス向上に用いられています。現在は、日本でも導入されつつあります。

里親さんが子どもを養育する際に、このトレーニングの知識を持っていることが助けになることが予想されますし、学校の中で、家庭の中で、どんな環境であっても子育てに役立つ知識だと思われます。

この機会に、ぜひご参加ください。

◆ 日時:2019年3月29日(金)  13時~16時
◆ 会場:エル・パーク仙台  (セミナーホール1、2)
◇会場住所:仙台市青葉区一番町4-11-1  141ビル5階

◆ 講師:北出 勝也 氏

〔講師プロフィール〕
視機能トレーニングセンター  JoyVision  代表
米国オプトメトリスト(検眼士)
一般社団法人 視覚トレーニング協会 代表理事
一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 理事
兵庫県立特別支援教育センター 巡回相談員
1999年 米国パシフィック大学 オプトメトリースクール卒業
同年 視機能トレーニングセンターJoyVision を神戸に開設

〔主な書籍〕
・発達の気になる子の 学習・運動が楽しくなるビジョントレーニング(ナツメ社)
・学ぶことが大好きになるビジョントレーニング(図書文化社)
・クラスで楽しくビジョントレーニング(図書文化社) 他

◆参加無料(定員100名)
◆託児あり(定員10名・要予約、先着順)

 ◆ 申込み:申込書を下記までFAX或いはメール(必要事項)でお送りください。

【お問い合わせ・申込みは法人事務局へ】
TEL:022-748-6936
E-mail:info@cvtohoku.org

 

 






2019年01月15日

 

トークイベントのお知らせ:ロバートキャンベル氏とともに “子どもと「かぞく」”

3月22日(金)、子どもの村東北スペシャルアドバイザーであるロバート キャンベル様(国文学研究資料館館長)を福岡市にお招きしてトークイベントを開催をします。このトークイベントは、NPO法人SOS子どもの村JAPAN・NPO法人子どもの村東北・福岡平成ロータリークラブの共催により開催されます。今回のトークテーマは、『子どもと”かぞく”』。ひらがな表記の”かぞく”は、血縁のみだけでは無い、多様性のある”かぞく”を意識しています。SOS子どもの村の活動領域では、里親と里子ということになります。キャンベル様は、ニューヨーク出身で、江戸・明治の文学の研究を行うと共に、テレビのコメンテーター等を務めておられます。SOS子どもの村JAPANと子どもの村東北のイベントにお越しいただくのは2015年7月に開催した子どもの村福岡開村5周年・子どもの村東北開村記念の講演会(福岡市)に続き2回目となります。関心がございましたらぜひご検討ください。

◆テーマ: 子どもと”かぞく”
日時:2019年3月22日(金)13:20~16:00 (開場13:00)
場所:エルガーラ中ホール(福岡市中央区天神1-4-2)
参加費 1,000円
定員:300名
申込期限:2019年3月15日
当日のプログラム:
・第Ⅰ部  子どもの村の現状報告: “SOS子どもの村JAPAN”  “子どもの村東北”
・第Ⅱ部  キャンベルさん講演: 子どもと”かぞく”
・第Ⅲ部  キャンベルさんとともに(座談会)
ロバート キャンベルさんプロフィール
Robert Campbell 日本文学研究者 国文学研究資料館長 東京大学名誉教授

お申込み・お問い合わせは、(特非)SOS子どもの村JAPAN(https://www.sosjapan.org/)までお願いいたします。