2018年05月16日

 

6年継続のご支援に感謝!

5月15日(火)は、宮城中央ヤクルト販売株式会社の永冨淳次社長が来村されました。宮城中央ヤクルト販売様は、開村前から毎年ご寄付くださっており今年で6回目となります。永冨社長から「人材養成など時間を要することも多いと思う。子どもを家庭的な環境で育てることは本当に大切なこと。これからも、わたしたちにできるだけの支援を続けていきたい」と心強いメッセージをいただきました。このように地元の企業関係者のみなさまからご支援いただけますのは、地域とともに子どもの養育に取り組むという子どもの村の理念につながることでもありとてもうれしいことであります。今後も子どもたちのために日々の活動を続けて参ります。






2018年05月10日

 

チャリティーコンサートfor仙台のみなさまに御礼申し上げます。

今年で8回目を迎えたチャリティーコンサートfor仙台が、5月5日(土)東京都新宿区牛込箪笥区民ホールで行われました。このコンサートは、仙台国際音楽コンクールで出会った5人のピアニスト、佐野隆哉さま、鈴木美紗さま、津田裕也さま、法貴彩子さま、米津真浩さまによる東北への支援の気持ちがこもったチャリティーコンサートです。この演奏会の収益のすべてを仙台国際音楽コンクールでお世話になった仙台市の被災地と子どもの村にお贈りいただいております。主催者のみなさまと、来場されたみなさまのご厚意に御礼をお伝えするため、理事長の飯沼が感謝状をお届けしました。第一線で活躍されているピアニストのみなさんの個性あふれる演奏は会場を魅了していました。終盤には、ふるさとへの想いをこめて5人で連弾されるなど、心温まる演奏会となりました。みなさまに心より御礼申し上げます。






2018年05月07日

 

アンサンブル コア ドゥ ロゾーのみなさま、ありがとうございました!

5月4日(金)16時から、仙台市の宮城野区文化センター パトナホールで、アンサンブル コア ドゥ ロゾー主催「オクテット コンサート」〔後援:仙台フィルハーモニー管弦楽団・河北新報社・仙台市市民文化事業団・宮城県文化振興財団〕が開催されました。会場には子どもの村東北支援の募金箱を設置させていただき8,870円の募金が集まりました。主催者、演奏者の皆様と来場のお客様に心より御礼申し上げます。






2018年04月26日

 

あたたかいご厚意に感謝いたします

4月28日(土)~6月24日(日)、多賀城にある東北歴史博物館で「東大寺と東北  復興を支えた人々の祈り」と題した特別展が開催されます。多くのマスメディアで取り上げられているのでご存じの方も多いことでしょう。子どもの村東北では、宗教法人東大寺様からあたたかいご支援をいただいてきましたことから、準備でお忙しいところではありましたが、開村からこれまでの活動の報告と御礼に伺って参りました。東大寺は創建からこれまでの間に二度も災禍にあっていますが、見事に復興を果たされています。震災からの復興を進める東北に住む私たちにとって、何か力を与えていただけるような気がします。また、子どもの村では、このようなご厚意に支えられていることを胸に今後も活動を続けて参ります。






2018年03月26日

 

4/8(日)オーケストラと遊んじゃおう!のご案内

4月8日(日)、仙台フィルハーモニー管弦楽団特別講演会「オーケストラと遊んじゃおう!vol.15」が開催されます。0歳児から親子で参加できるコンサート。音楽会の前には、オーケストラの楽器を見て、聴いて・さわったり、普段ちかくで見ることのできない楽器にさわることもできます。楽曲も子どもが喜ぶ曲目が用意されています。午前の部は10時から。午後の部は13時30分から。小さなお子さんと一緒に楽しめるひとときです。私たち子どもの村東北では、PRのためブースを出させていただきます。どうぞ気軽にご参加ください。詳しいお問い合わせは、仙台フィルへ。

 






2018年03月14日

 

さらに、チャリティーコンサートの開催が決定!

5月4日(金)16時から、仙台市宮城野区のJR陸前原ノ町駅から徒歩1分という便利な場所にある宮城野区文化センター パトナホールで、アンサンブル コア ドゥ ロゾー主催「オクテット コンサート」〔後援:仙台フィルハーモニー管弦楽団・河北新報社・仙台市市民文化事業団・宮城県文化振興財団〕が開催されます。モーツアルトやベートーベンなどの名曲を楽しめるひとときとなります。一般3,000円、学生1500円です。会場には子どもの村東北支援の募金箱が設置されます。どうぞお誘いあわせの上お越しください。






2018年03月13日

 

チャリティーコンサートのお知らせ

子どもの村東北支援のためのチャリティーコンサート「杜の都の音楽祭」の開催が決まりました。5月20日(日)仙台市シルバーセンター(仙台市青葉区花京院)交流ホールで行われます。13時開場、13時30分開演。主催:東雲音楽事務所、後援:河北新報社、TBC東北放送、宮城県歌謡作家協会 広瀬川倶楽部。チケットのお申込みお問い合わせは、東雲音楽事務所TEL:080-3560-2167まで。関係者のみなさまに心より御礼申し上げます。みなさまのご来場をお待ちしています。






2018年03月09日

 

ファミリーアシスタント(保育士)さんを募集しています!

子どもの村東北では、事業の拡張のため、「ファミリーアシスタント(保育士)」1名を募集しています。
さまざまな理由で家族と離れ離れで暮らさなければならなくなった子どもが、実の家族とまた一緒に暮らせるようになることは、子どもにとってとても重要なことです。しかし、そのためには十分な支援が必要不可欠なのです。また、里親と子どものマッチングは、その後の不調を防ぐためにとても大切なプロセスです。子どもの村東北では、「家族再統合」と「里親マッチング」において、宮城県からの委託を受けて「親子滞在型支援施設事業」を行うこととなりました。また、これ伴い子どもの村の家族の支援においてもスタッフの増員を行います。子どもの村の理念や子どもの権利条約などに理解があり、新事業と村の運営双方に力を発揮してくださる方を募集しています。募集要項 [ファミリーアシスタント(保育士)]
詳しいお問い合わせは、法人事務局(TEL:022-748-6936)までお問い合わせください






2018年03月09日

 

新事業「親子滞在型支援施設事業」について

2018年4月より当法人は、宮城県からの委託を受けて、親子滞在型支援施設事業を開始いたします。この事業は、家族再統合支援事業と里親マッチング事業の二つとなります。家族再統合事業は、虐待等で親子が分離した家族に、宿泊プログラム等を活用して家族再統合を図ります。また、里親マッチング事業は、里親候補と里子候補のマッチングを行い、里親委託後も継続して支援をすることで養育をサポートする事業となります。これらの事業を通して、宮城県の家庭養育や家庭養護の推進に寄与するよう努めて参ります。






2018年03月03日

 

街頭活動を行いました!

3月3日(土)、13時から16時30分の間、東二番町アーケード入口と一番町アーケード内で街頭広報活動を行いました。一番町会場では、「街角ちょこっと子ども相談所」といって、小児科医(当法人理事)に子育ての悩みなど気軽に相談するコーナーを開催しました。両会場とも、道行く方々が足を止めてくださり、募金にご協力くださったり、相談コーナーや子どもの村の活動内容について説明を聞いてくださいました。総額46,156円もの募金が集まりました。ご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。また、今回は聖和学園高等学校 薬師堂キャンパスと三神峯キャンパスのJRC部とインターアクト部から14名の生徒さんと3名の引率の先生にボランティアとして参加いただきました。長時間礼儀正しく活動してくれました。聖和の生徒さん、ほんとうにありがとうございました。さらに、一番町会場は、一番町一番街商店街様のご協力で開催できました。改めて御礼申し上げます。