2018年07月11日

 

静岡からあたたかいエールを贈っていただきました!

7月8日(日)午後、とても暑い日曜日にも関わらず、静岡県沼津市で子どもの村東北支援を目的としたチャリティーコンサートが開催されました。「ことの家」チャリティーコンサートとお話しの贈り物と題したこのコンサートは、各所へのチャリティーを目的に2005年から96回も継続しているそうです。その活動を継続するなかで、震災を機に子どもの村東北との出会いがあり、開村前、開村後と継続してご支援くださっています。この日も47名ものお客様が参加してくださり、118,000円ものご寄付を賜りました。主催者でピアニストの原田治子さんとスイスを拠点に活躍されているバイオリニスト牧野順也さん、お手伝いしてくださった関係者のみなさまに心より御礼申し上げます。






2018年07月04日

 

アサヒグループホールディングス様へ感謝状をお贈りしました。

アサヒグループホールディングス株式会社様からは、東北の復興支援の取り組みの一環として2014年度より毎年継続したご支援を頂いております。今年度も引き続きのご寄付を賜りましたので仙台市にあるアサヒビール株式会社東北統括本部仙台支社を訪ね、アサヒビール仙台支社垣内康志支社長に感謝状をお渡ししました。垣内支社長からは「地域に密着した貢献をという想いでいる。今後も応援していきます」とお言葉をいただきました。子どもの村の活動は短期的なものではなく、長期的、永続的に継続することが重要な事業でありますので、その趣旨に深いご理解を頂いていることに心より御礼申し上げます。






2018年07月03日

 

スタッフ(ファミリーアシスタント)募集中!

子どもの村東北では、事業の拡張のため、「ファミリーアシスタント」1名を募集しています。ファミリーアシスタントとは、子どもの村の育親(里親)さんをサポートしながら、育親さんによる里子たちの養育を支援する仕事です。「子どもの村とはどんなところ?」「ファミリーアシスタントの仕事とは?」「子どもの村を見学してみたい」など関心がある方はお気軽にお電話ください。
詳しいお問い合わせは、法人事務局(TEL:022-748-6936)までお問い合わせください。






2018年06月20日

 

第7年度(2018年度)総会が開催されました。

6月16日(土)14時より、仙台市青葉区にあるトークネットホール仙台(仙台市民会館)で、特定非営利活動法人子どもの村東北第7年度(2018年度)総会が開催されました。2017年度事業報告及び決算報告並びに監査報告。2018年度事業計画案と予算案。さらに、定款変更と新役員体制について審議され、満場一致で承認を受けることができました。今後は、当初の目的に沿って、これまで同様堅実な法人運営に努めて参ります。引き続きご支援をよろしくお願いいたします。(事業報告、決算報告につきましてはHPでも公開しております)






2018年06月20日

 

ご自宅に眠る古品が寄付に代わります!

子どもの村東北では、今年度から新しい寄付の方法として、ご自宅に眠っている古品、たとえば、切手やはがき、古銭、骨董品、ブランド時計や食器、カメラ、携帯電話など使用しなくなったものを寄付に変える「お宝寄付」という方法での寄付の受付を開始しました。寄付してもいい「お宝」を段ボールに梱包し、指定業者まで着払いでお送りください。指定業者で査定後、通常査定額に10%上乗せされた金額が子どもの村東北に寄付されるという仕組みです。ぜひご活用ください。お問い合わせや、着払い伝票を必要とされる方は、法人事務局(TEL:022-748-6936)までお電話ください。






2018年06月15日

 

KDDI様からのご支援に心より御礼申し上げます。

6月14日(木)、センターハウス杜のホールで、KDDI株式会社を代表して東北総支社総支社長の松嶋伸一郎様、同東北総支社牧野信夫様、大石雅俊様にお越しいただき、ご寄付の目録贈呈式と感謝状贈呈式を行いました。今回のご寄付は、KDDIが独自に行う社員参加型の社会貢献活動で2008年から実施している「+αプロジェクト」によるもので、社員のみなさんが社内外で行ったボランティア等の社会貢献活動に応じてポイントを付与し、蓄積したポイントを年度単位で金額に換算し、社員が推薦する慈善団体などへ寄付してくださるものです。全社的な取り組みですが、特に東北地区の社員のみなさまのご厚意を子どもの村東北にもお贈りいただきました。関係者のみなさまに心より御礼申し上げます。






2018年06月08日

 

継続した支援の輪が広がります!

6月7日(木)、常日頃から温かなご支援をいただいている国際ソロプチミスト仙台アイリスの役員のみなさまが法人事務局まで足を運んでくださいました。今回は、国際ソロプチミスト奈良―まほろば第21回ウエルフェアのつどい収益金から子どもの村東北へのご寄付をお届けくださいました。奈良―まほろばのみなさまには一度子どもの村を見学に来ていただいたこともあり、継続したご支援をいただいておりますことに感謝につきません。






2018年06月07日

 

盛大なチャリティーコンサートが開催されました!

5月20日(日)、仙台市シルバーセンター交流ホールで、子どもの村東北支援「杜の都の音楽祭」が開催されました。地元仙台を中心活躍されているアーティスト15組により多彩な催しとなりました。このコンサートの収益の一部を子どもの村東北に寄付していただきました。200名を超える来場者のみなさまと、主催された東雲音楽事務所の東雲光喜様をはじめ関係者のみなさま、趣旨に賛同され協力してくださった佐藤悠様、安代雪絵様、花山湖春様、栗野敏夫様、若葉舞様、アサノタケフミ様、飛竜の会の皆様、遠山嘉信様、新藤勝様、笠岩ひろし様、江口文昭様、村上嘉彦様、司会の若生哲旺様にこころより御礼申し上げます。

 






2018年05月16日

 

6年継続のご支援に感謝!

5月15日(火)は、宮城中央ヤクルト販売株式会社の永冨淳次社長が来村されました。宮城中央ヤクルト販売様は、開村前から毎年ご寄付くださっており今年で6回目となります。永冨社長から「人材養成など時間を要することも多いと思う。子どもを家庭的な環境で育てることは本当に大切なこと。これからも、わたしたちにできるだけの支援を続けていきたい」と心強いメッセージをいただきました。このように地元の企業関係者のみなさまからご支援いただけますのは、地域とともに子どもの養育に取り組むという子どもの村の理念につながることでもありとてもうれしいことであります。今後も子どもたちのために日々の活動を続けて参ります。






2018年05月10日

 

チャリティーコンサートfor仙台のみなさまに御礼申し上げます。

今年で8回目を迎えたチャリティーコンサートfor仙台が、5月5日(土)東京都新宿区牛込箪笥区民ホールで行われました。このコンサートは、仙台国際音楽コンクールで出会った5人のピアニスト、佐野隆哉さま、鈴木美紗さま、津田裕也さま、法貴彩子さま、米津真浩さまによる東北への支援の気持ちがこもったチャリティーコンサートです。この演奏会の収益のすべてを仙台国際音楽コンクールでお世話になった仙台市の被災地と子どもの村にお贈りいただいております。主催者のみなさまと、来場されたみなさまのご厚意に御礼をお伝えするため、理事長の飯沼が感謝状をお届けしました。第一線で活躍されているピアニストのみなさんの個性あふれる演奏は会場を魅了していました。終盤には、ふるさとへの想いをこめて5人で連弾されるなど、心温まる演奏会となりました。みなさまに心より御礼申し上げます。