2019年05月15日

 

鯉のぼり用ポールの寄贈式が執り行われました

2019年4月下旬、仙台いずみライオンズクラブ様から、待望の鯉のぼり用のポールを寄贈いただきました。5月9日(木)には役員の方々が来村され贈呈式が執り行われました。当日は、天候にも恵まれ、子どもたちの成長を願う共通の想いが伝わるとても素敵な贈呈式となりました。仙台いずみライオンズクラブ様には心より御礼申し上げます。






2019年05月09日

 

Charity Concert for Sendai が開催されました

今年で9回目を迎えたチャリティーコンサートfor仙台が、5月4日(土)東京都新宿区牛込箪笥区民ホールで行われました。このコンサートは、仙台国際音楽コンクールで出会った4人のピアニスト、佐野隆哉さま、鈴木美紗さま、法貴彩子さま、米津真浩さまによる東北への支援の気持ちがこもったチャリティーコンサートです。この演奏会の収益のすべてを仙台国際音楽コンクールでお世話になった仙台市の被災地と子どもの村東北にお贈りいただいております。主催者のみなさまと、来場されたみなさまのご厚意に御礼をお伝えするため、理事長の飯沼が感謝状をお届けしました。第一線で活躍されているピアニストのみなさんの演奏は会場を魅了していました。このように継続して寄り添ってくださる方々に心より御礼申し上げます。






2019年05月08日

 

スタッフ募集中!私たちと一緒に子どもの村で働いてみませんか!

認定NPO法人子どもの村東北では、子どもの村(仙台市太白区茂庭台)で働くスタッフを募集しています。 今回の募集職種は「ファミリーアシスタント」。
「ファミリーアシスタント」とは、子どもの村で暮らす育親(里親)と里子家族に寄り添いながら子育てを支える仕事で、時には、家族の家の中で、育親さんに代わってご飯を作ってあげたり、学校や習い事の送迎をしたりするなど、まさに育親さんの養育のパートナーと言える仕事です。
SOS子どもの村は世界中に572か所程ありますが、ファミリーアシスタントとはその子どもの村にはなくてなならない重要な役割なのです。子どもの村は、国内には福岡市と仙台市の2か所しかありません。東北は2014年12月にできたばかりですが「すべての子どもに愛ある家庭を」をスローガンに頑張っています。あなたも私たちと一緒に子どもの村東北で働いてみませんか?関心がありましたら募集要項をご覧の上、お気軽にお問い合わせください。






2019年04月17日

 

宮城中央ヤクルト販売㈱様からの継続支援に御礼申し上げます。

2019年4月16日(火)、宮城中央ヤクルト販売株式会社代表取締役 永冨淳次 様、常務取締役 飯岡秀男 様、総務部広報担当の小泉公美様が、ご寄付を届けにセンターハウスにお越しくださいました。宮城中央ヤクルト販売さまからのご支援は2013年度に始まり今年で7年目となります。その間には、永冨社長とヤクルトレディーさんとそのお子さんたちが村を訪ねてくださり、みんなで楽しく遊んだりバーベキューをした素敵な出来事もありました。地元企業のみなさんが会社ぐるみで私たちの活動を理解し支援を継続してくださっていることがとても嬉しく心強くもあります。宮城中央ヤクルト販売の社員のみなさまとヤクルトレディーさんみなさんのご厚意に心より御礼申し上げます。






2019年04月01日

 

公開講座を開催しました

2019年3月29日(金)、仙台市青葉区にあるエル・パーク仙台で公開講座を開催し、97名の参加がありました。この公開講座は、弊法人設立以来継続しているもので、今回で第7期19回目となります。テーマは「学ぶことが大好きになるビジョントレーニング」。学習障害(LD)や注意欠如・多動症(ADHD)の子どもたちの諸問題の改善、克服から、プロスポーツ選手のパフォーマンス向上に用いられています。特にアメリカでは歴史が長いトレーニングです。講師の北出勝也先生から具体的な事例に基づく講演がなされた他、ペンやお手玉を使って、受講者同士でプログラムを体験する時間もあり、真剣な表情や笑い声が会場に広がっていました。このような知識をもっていることで、子どもの養育に生かせるものと感じております。また、会場内の子どもの村東北支援募金箱には、23,286円の募金が集まりました。ご支援ありがとうございました。

 






2019年03月27日

 

チャリティーコンサートのお知らせ

第2回子どもの村東北支援のためのチャリティーコンサート「杜の都の音楽祭」の開催が決まりました。5月25日(土)仙台市シルバーセンター(仙台市青葉区花京院)1F交流ホールで行われます。12時30分開場、13時00分開演。主催:東雲音楽事務所、後援:河北新報社、TBC東北放送、宮城県歌謡作家協会。チケットのお申込みお問い合わせは、東雲音楽事務所TEL:080-3560-2167まで。関係者のみなさまに心より御礼申し上げます。みなさまのご来場をお待ちしています。






2019年03月23日

 

街頭活動を行いました!

2019年3月23日(土)、仙台市青葉区の東二番町通りで、今年度8回目の街頭活動を行いました。このところ暖かく春らしい日々が続いていたのですが、今日は寒の戻りで雪がちらつく程とても寒い日でした。そんななかでも、聖和学園高等学校薬師堂キャンパスの生徒さんが10名もボランティア協力してくれました。時折冷たい風が強く吹いて体が冷え込むこともあるなかでも、笑顔で礼儀正しい姿に感心させられました。聖和学園高校JRC部のみなさん、ありがとうございました。道行く方々のご厚意で26,013円もの募金が集まりました。募金にご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。






2019年03月15日

 

Charity Concert for Sendai vol.9 のお知らせ

5月4日(土)、今年も東京でCharity Concert for Sendai Vol.9が開催されます。このコンサートは、仙台国際コンクールで出会ったピアニスト佐野隆哉様、鈴木美紗様、法貴彩子様、米津真浩様の4人による素敵な演奏が繰り広げられるものです。ドビュッシーやバルトークなどの作品が演奏されます。また、このコンサートの収益のすべてが、コンクールでお世話になった仙台市と子どもの村東北に贈られることになっております。ゴールデンウィークに東京方面にお出かけでしたらぜひお立ち寄りください。

 






2019年03月15日

 

子どもの村東北支援自動販売機が増設されました!

子どもの村東北をご支援いただく方法のひとつに、寄付型自動販売機を設置していただく方法があります。この自販機は現在、全国に14台も設置されています。そこに新たに1件増設されました。仙台市青葉区一番町一丁目界隈にある「アリオール一番町」というマンション前です。飲料水を購入していただくとその売上の一部が子どもの村東北に寄付される仕組みになっています。お近くをお通りの際には、ぜひここでご購入ください。
この自販機を設置頂いた株式会社シライシコーポレーション様と、寄付型自動販売機の設置管理運営に協力していただいているコカ・コーラボトラーズジャパン株式会社様に改めて御礼申し上げます。

 






2019年03月10日

 

Bloom Works & 幹miki LIVE in SENDAIの関係者の皆様に感謝!

2019年3月10日。今日は、仙台市内のライブ会場に募金箱を置かせていただきパンフレットも配布していただきました。アーティストと主催者のみなさんには心から御礼申し上げます。

このライブを行った2組のアーティストのうち、神戸を拠点に全国ツアーも開催する「Bloom Works」は、日本のヴォイスパーカッション第一人者「KAZZ」と、アコースティックシンガーソングライター「石田裕之」による2人組。2人は、防災・減災を音楽を通して伝えており、復興支援のため宮城にも数えきれない程訪れている。その代表曲のなかもで「プロムナード」は復興の歩みを進めている女川町の姿を歌っている。また、もうひとりは、宮城にある結婚式場マリアージュ・アン・ヴィラのCM曲に使われている「ハレル夜」や東北・みやぎ復興マラソンのテーマソング「ともに歩こう」でおなじみの蔵王町在住のシンガーソングライター「幹miki」さんだ。

すてきな演奏と空間でした。関係者のみなさまに重ねて御礼申し上げます。