2017年09月30日

 

街頭募金へご協力ありがとうございました

2017年9月30日(土)、仙台市中心部のアーケード入口で街頭募金活動を行いました。今日も、常盤木学園高校の生徒のみなさんが7 名もボランティアで参加してくれました。明るい笑顔と大きな声と礼儀正しいお礼のおかげで、今日は合計31,598で円の募金が集まりました。ボランティアのみなさんと、募金をして下さった方々のご厚意に心より御礼申し上げます。






2017年09月27日

 

継続したご支援に御礼申し上げます

9月26日(火)、宮城県遊技業協同組合様より今年もご寄付をいただきました。同組合では、パチンコファンに対する日ごろの感謝と東日本大震災被災地復興支援などを目的として「東北六県合同パチンコ・パチスロファン感謝デーinみやぎ」を実施し参加店より復興支援寄付金を提供を受けたものです。同組合加盟店のみなさまの社会貢献へのお気持ちに御礼申し上げます。






2017年09月14日

 

ボランティア募集してます

子どもの村では随時ボランティアを募集しています。街頭活動を手伝える!草取りが得意!力自慢で重たい荷物も平気!日曜大工が得意!簡単な事務作業やスタッフの色々なサポートができる!などなど、こんな時間に、こんなお手伝いができますよとご連絡ください。お手伝いいただく場所は、村(仙台市太白区茂庭台)か法人事務局(仙台市青葉区中央)です。まずはご相談ください。みなさまのお問い合わせをお待ちしています。






2017年09月08日

 

育親(里親)さんを募集しています

【育親(いくおや) 募集中】
子どもの村東北は、「すべての子どもに愛ある家庭を」をスローガンに、世界に広がる国際NGO「SOS子どもの村」の理念を基本として運営されます。子どもの村で子どもを養育する方を育親(いわゆる里親のこと)と言いますが、育親は専門家の支援を受けながら子どもたちを育てていきます。子どもの村東北では、子どもたちを育ててくださる「育親」を随時募集しています。関心がある方は、まず法人事務局へお問い合わせください。

【育親の条件】
①「SOS子どもの村」の養育理念に理解のある方
②ご夫婦か単身女性で、児童福祉法による養育里親に登録できる方(登録者も含む)
③子どもの村東北(仙台市茂庭台)に建てられている「家族の家」に住んで、長期にわたって子どもを養育できる方

【育親になるまで】
①書類選考の上、面接による一次選考があります。
②SOS子どもの村JAPAN(福岡市)での実習等による二次選考があります。
③二次選考による内定後、子どもの村東北が行う研修を受け、「SOS子どもの村」の基本を理解していただきます。
④養育里親登録をしていない方は、仙台市が行う養育里親になるための研修を受講し、仙台市による養育里親登録が必要となります。

【育親になると】
①子どもの村東北と確認書を交わします。
②子どもの村東北から、家が無償貸与され、児童相談所から委託された子どもを、その家で育てていきます。
③子どもの養育に必要な生活費と里親手当(里親制度による公費)の他に、子どもの村東北から、育親に対して生活支援費が支給されます(生活支援費は、子どもの村東北の規定によります)。
④村長やセンタースタッフ、育親アシスタントが、日々の生活をサポートします。
⑤必要に応じて、医師や臨床心理士などの専門家のサポートを受けられます。

【応募方法】
まずは、法人事務局へメールまたは電話で随時お問い合わせください。詳細はご相談の上。

【法人事務局】
〒980-0021 仙台市青葉区中央2-7-30 角川ビル402号
TEL: 022-748-6936   FAX: 022-748-6931
E-mail: info@cvtohoku.org
担当理事:岩城 法人事務局担当:長谷川・橋浦






2017年08月29日

 

おそうじ本舗の皆様、ありがとうございました!

8月21日(月) 宮城県内にあるおそうじ本舗24店舗より26名のスタッフの皆様が来村され、ボランティアでエアコン掃除をしてくださいました。きっかけは、どうしても自分たちでは出来ないお掃除を、おそうじ本舗さんにお願いしたことでした。「子どもの村東北の為に、是非なにかお役に立てる活動をさせてもらえませんか?」と申し出ていただいたのです。そして、今回はセンターハウスや家族の家にあるエアコンのクリーニングを引き受けてくださいました。

エアコンの部品を解体して、内部、カバー、それぞれのパーツをスピーディー&丁寧に、チームを組んできびきびと作業をされる様子に、さすがおそうじのプロ!と、育親さんも大感激していました。自分たち自身でエアコンクリーニングをすることはなかなか容易ではありませんので、たいへん助かりました。ピカピカになったエアコンのおかげで、残暑を快適に乗りきることができそうです!ボランティア活動をしてくださったおそうじ本舗のスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。力強いご支援に、心より感謝申し上げます。

 

 






2017年08月26日

 

街頭募金活動を行いました

2017年8月26日(土)、猛暑の中、仙台市中心部のアーケード入口で恒例の街頭募金活動を行いました。今回も、常盤木学園高校のみなさんが7 名もボランティアで駆けつけてくれました。礼儀正しい姿と誠意のこもった訴えに多くの方が足をとめて募金をしてくださいました。今日は合計で33,024円の募金が集まりました。また、チームを2組に分けて、事務局でリーフレット作りも手伝ってもらいました。ボランティアのみなさんと、募金をして下さる方々のご厚意に御礼申し上げます。

 






2017年07月29日

 

高校生ボランティアに感謝!感謝!

2017年7月29日(土)、今日は街頭活動を予定していましたが、あいにくの天気で外での活動は出来ませんでした。今回も、常盤木学園高校のみなさんが9名もボランティアで駆けつけてくれていたので、法人事務局内でリーフレットへのシール貼りをお手伝いいただきました。この作業は、2017年2月17日にNPO法人子どもの村東北は認定NPOに認定されましたので、「当法人へのご寄付は税控除の対象となります」という小さなシールをリーフレットに貼る作業なのですが、なかなか時間がかかる作業で困っていました。そんな私たちを高校生のみなさんが手伝ってくださいまして、あっと言う間にシールを張り終えることができました。ほんとうに助かりました。次回の街頭活動は、8月26日(土)に計画しています。次回も、常盤木学園高校の生徒さんにお手伝いいただくことになっています。2016年から継続したボランティア活動による支援に心より御礼申し上げます。






2017年06月20日

 

地元企業の継続した支援に感謝

6月13日(火)は、宮城中央ヤクルト販売株式会社の永冨淳次社長と広報担当の片岡恵様がご来村されました。宮城中央ヤクルト販売様は、開村前から毎年ご寄付をしてくださっています。永冨社長から「困難も数々あると思うが、子どもを家庭的な環境で育てることは本当に大切なことと思い、応援している。これからも、わたしたちにできるだけの支援を続けていきたい」と心強いメッセージをいただきました。皆様の温かなご支援に感謝して、子どもたちのために日々の活動を続けて参ります。






2017年06月08日

 

素敵な出会いに感謝・・・

5月27日(土)仙台青葉荘教会にて、「ダブルリード室内楽演奏会Musikalisches Treffen 音楽を通して素敵な出会いを!」が開かれました。
この日は、ドイツ・ミュンヘン市バイエルン放送交響楽団のソロイングリッシュホルン・オーボエ奏者マリリーズ・シュプバッハさんが招かれ、オーボエ奏者・山岸亜貴さん、ファゴット奏者・石川晃さん(新日本フィルハーモニー交響楽団)のアンサンブルによる演奏会でした。バッハ、ハイドン、カール・ロジェのバロック時代の曲のほか、ヴィラ・ロボスの作品などが演奏され、教会の神聖で厳かな雰囲気の中で響きあう3つの楽器の神秘的で美しい音色は、聴いている方々の心に響きわたりました。
この演奏会の為に来仙されたマリリーズさんは、6年前に東日本大震災が起きてから、遠くドイツで被災地を思って心を痛めていたこと、そして、仙台に来て演奏することができた喜びを話され、礼拝堂は感動的な空気に包まれました。
今回の演奏会では、子どもの村東北をご支援くださっている山岸様の呼びかけにより、会場の皆様から集められた募金をご寄付いただきました。 演奏者の皆様、関係者の皆様、ご支援のご協力をいただいた皆様に、心より感謝いたします。

 






2017年05月29日

 

チャリティーコンサートfor仙台 vol.7が開催されました

被災地の今を忘れない・・・そんな願いを込めて、今年もチャリティーコンサートfor仙台vol.7が、5月6日(土)新宿区牛込箪笥区民ホール(東京都)で開催されました。このコンサートは、震災直後の仙台国際音楽コンクールで切磋琢磨したピアニストが集い開催され今回で7回目となります。コンサートの収益は全て仙台市に寄付されてきましたが、一昨年より子どもの村東北も寄付先に加えていただきました。今回は「オールショパンプログラム~バラードでつなぐ絆~」をテーマに、コンクール当時から続く仙台市との絆への感謝と、被災地の復興への願いを込めて、佐野隆哉様、鈴木美紗様、津田裕也様、法貴彩子様、米津真浩様の5名のピアニストにより素敵な曲が演奏されました。関係者の皆様と会場にお越し頂いた方々に心より御礼もうしあげます。