2021年04月01日

 

チャリティー「貴方だけの花」展開催のお知らせ

仙台市青葉区広瀬通りにある晩翠画廊(ばんすいがろう)様のご厚意により、子どもの村東北支援チャリティー「貴方だけの花」展が開催されます。花をテーマにした日本画・油彩画・水彩画・アクリル画・陶器など、主に県内を中心に活躍する25名の作家による作品が展示販売され、その売上げの一部が子どもの村に寄付されます。皆様のご来場をお待ちしております。

・期日:4月27日(火)~5/2(日)、11:00~19:00(最終日のみ17:00迄)
・会場:晩翠画廊(ばんすいがろう)
(住所:仙台市青葉区国分町1-8-14仙台第2協立ビル1F/電話:022-713-6230)

 






2021年02月05日

 

スタッフを募集中!

法人事務局パートスタッフ、センターハウススタッフ、ファミリーアシスタントの3職種で募集中です。子どもの村の運営や研修事業などに関わっていただきます。経理・総務の経験がある方、社会福祉士資格をもっている(或いは同等)、里親里子の支援経験、家族支援経験がある方。保育・託児、家族支援などの経験がある方にぜひご検討いただけたらと思っております。詳しくは、求人情報 (cvtohoku.org)ページをご覧ください。右側の「リクルート(人材募集)」というバナーをクリックしても見ることができます。






2021年01月02日

 

20世紀最後の巨匠、イヴリー・ギトリス(バイオリニスト)さんを偲んで

12月24日、パリで、世界最高齢であった、世界的バイオリニスト、イブリー・ギトリス様が98歳で亡くなりました。ギトリスさんと理事長飯沼とは、2011年の震災後、石巻赤十字病院をギトリスさんが訪問されてからの縁で、2015年4月26日には、多賀城でのコンサートの後に、是非とも子どもの村東北に立ち寄りたいと、子どもの村東北に来て下さいました。杜のホールにその時に書いてくださったサインが今も残っています。世界的バイオリニストのイブリー・ギトリス様に哀悼の意を捧げます。

 






2021年01月02日

 

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

子どもの村東北は、7回目の正月を迎えました。
これも皆様方のご厚意のお蔭です。
心より御礼申し上げます。






2021年01月02日

 

宮城県委託事業「ACTすこやか子育て講座」仙台会場申込締切のお知らせ

1月12日より始まる宮城県委託事業「ACTすこやか子育て講座」仙台会場の受付ですが、申込み多数のため受付を終了させて頂きました。たいへん多くのお問合せをいただき、ご希望に沿えなかった方も多くいらっしゃいますが、次年度にも同様の講座を開催できるよう努めて参りますので、次の機会をお待ちいただきますようお願いいたします。






2020年12月04日

 

宮城県委託事業「ACTすこやか子育て講座」仙台会場申込受付状況について

宮城県委託事業「ACTすこやか子育て講座」仙台会場の募集中ですが、たいへん多くのお問合せお申込みがあり、定員を満たす状況になっております。今後はキャンセル待ちでの受付とさせていただきますので、どうかご了承いただきますようお願いいたします。この講座の詳しい日程や内容はご案内チラシをご覧ください。またお問合せはお気軽に事務局までご相談ください。TEL:022-281-8837  E-mail: center-t@cvtohoku.org






2020年11月25日

 

宮城県委託事業「ACTすこやか子育て講座」仙台会場申込み受付開始!

宮城県委託事業「ACTすこやか子育て講座」仙台会場の募集を開始します。お子さんを持つ方の誰もが直面する子育ての悩みを、ちょっとのコツや知識を取り入れながら体験する子育て講座です。詳しい日程や内容はご案内チラシをご覧ください。会場は県庁北側にある宮城県自治会館の中の会議室となります。全8回(全回参加できることが必要です)、参加費無料、定員12名(先着順)、託児が必要な方は別途ご連絡ください。会場には無料駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用頂くか、近隣の有料駐車場をご利用ください。ご案内チラシと申込書はこちらをご覧ください。また関心がございましたらお気軽に事務局までご相談ください。TEL:022-281-8837  E-mail: center-t@cvtohoku.org お申込みは、申込書をダウンロードし必要事項記入の上FAXか、必要事項(氏名、TEL、E-mailアドレス、住所、託児の有無)をメール(center-t@cvtohoku.org)でお送り頂いても結構です。






2020年11月09日

 

情報労連四国ブロック様、ご支援ありがとうございます!

11月6日(金)情報労連四国ブロック支部のみなさまが、子どもの村東北を視察にお越し下さいました。この視察は、東日本大震災の復興を継続して支援するため、東北の震災を学ぶ機会としてお越しになりました。その一環で子どもの村にも立ち寄っていただきました。震災からこれまでの歩みと現状、そしてこれから子どもの村が果たしたいと考えていることなどお聞きいただきました。東北の復興に、遠く四国からも心を寄せて下さっていることにとても心強く思いましたし、そのお気持ちがとても温かく感じました。ほんとうにありがとうございます。






2020年10月22日

 

情報労連愛の基金に感謝申し上げます。

2019年度「情報労連愛の基金」の助成を受けられることが決まりました。情報労連(情報産業労働組合連合会)が公募していた「愛の基金」に今年度も応募させていただいたところ、当法人の事業内容にご理解をいただけ、2年連続で寄贈していただけることとなりました。10月12日(月)目録授受・感謝状贈呈式を執り行わせていただき、宮城県協議会議長の三浦清様と関係者のみなさまに、当法人理事長の飯沼より感謝状を贈らせていただきました。心より御礼申し上げます。

 






2020年10月14日

 

ジブラルタ生命のみなさま、ありがとうございました!

2020年10月3日(土)、ジブラルタ生命仙台東第二営業所と仙台東第三営業所から26名もの方々が環境整備のため来村してくださいました。ジブラルタ生命などが属するプルデンシャル・グループでは10月の第一土曜日を「インターナショナル・ボランティア・デー」として、各会社・営業所単位で、日ごろお世話になっている地域に恩返しするため、各地域の社員自らがアイディアを出し合いボランティア活動をされているそうです。子どもの村東北へは3年継続でのボランティアとなります。村内の草刈りは日々取り組んではいるものの、一通り終えてもあっという間にまた草刈りが必要なほど伸びてしまいます。秋に入り、きれいに整えたいと考えていたところ、ジブラルタ生命のみなさまから心強い応援を得られ、あっという間に気持ち良い広場に戻すことができました。その一環で子どもの村東北へご支援いただくことができました。ほんとうにありがとうございました。