2019年01月15日

 

トークイベントのお知らせ:ロバートキャンベル氏とともに “子どもと「かぞく」”

3月22日(金)、子どもの村東北スペシャルアドバイザーであるロバート キャンベル様(国文学研究資料館館長)を福岡市にお招きしてトークイベントを開催をします。このトークイベントは、NPO法人SOS子どもの村JAPAN・NPO法人子どもの村東北・福岡平成ロータリークラブの共催により開催されます。今回のトークテーマは、『子どもと”かぞく”』。ひらがな表記の”かぞく”は、血縁のみだけでは無い、多様性のある”かぞく”を意識しています。SOS子どもの村の活動領域では、里親と里子ということになります。キャンベル様は、ニューヨーク出身で、江戸・明治の文学の研究を行うと共に、テレビのコメンテーター等を務めておられます。SOS子どもの村JAPANと子どもの村東北のイベントにお越しいただくのは2015年7月に開催した子どもの村福岡開村5周年・子どもの村東北開村記念の講演会(福岡市)に続き2回目となります。関心がございましたらぜひご検討ください。

◆テーマ: 子どもと”かぞく”
日時:2019年3月22日(金)13:20~16:00 (開場13:00)
場所:エルガーラ中ホール(福岡市中央区天神1-4-2)
参加費 1,000円
定員:300名
申込期限:2019年3月15日
当日のプログラム:
・第Ⅰ部  子どもの村の現状報告: “SOS子どもの村JAPAN”  “子どもの村東北”
・第Ⅱ部  キャンベルさん講演: 子どもと”かぞく”
・第Ⅲ部  キャンベルさんとともに(座談会)
ロバート キャンベルさんプロフィール
Robert Campbell 日本文学研究者 国文学研究資料館長 東京大学名誉教授

お申込み・お問い合わせは、(特非)SOS子どもの村JAPAN(https://www.sosjapan.org/)までお願いいたします。

 






2019年01月15日

 

子育てに興味のある方にお勧めの講演会です

2月16日(土)14時から、公立黒川病院(宮城県黒川郡大和町吉岡字西桧木 60番地)で、第8回公立黒川病院小児科講演会(主催:公立黒川病院、NPO法人子どもの村東北)が開催されます。今回のテーマは、「チャレンジド・ファースト」とは何か~「この子らを世の光に」を再び~。子育て中の方、子育てに関わっている関係者の方、子育てに興味のある方にお勧めの内容です。講師は、子どもの村東北理事で初代村長を務めた今野和則(前石巻支援学校校長)です。障害がある子どもたちや親とともに暮らせない子どもたちが、社会の中で私たちと共に生きることの意味を考え、そこから望ましい社会の在り方を考えてみる時間となります。参加は無料ですが、事前にFAX・メール・TELなどでお申込みをお願いします。お問い合わせは、公立黒川病院地域医療連携室  TEL:022‐345-3101(代)  FAX:022-345-3120 E-mail:kurokawa_renkei@jadecom.jp  担当:斉藤・熊谷まで。

 






2018年12月28日

 

子どもの村東北村長公募のお知らせ

NPO法人子どもの村東北は、主たる事業とする社会的養護の子どもを専門家による支援のもと地域とともに養育する子どもの村を有しています。その子どもの村の管理・運営を主業務とする村長職を担う人材を募集します。
つきましてはその村長職の業務、その遂行に要する知見・能力、処遇等に関しては、大略、下記に示す通りです([1]~[3])。ご覧いただきましてご関心のある方、意欲をお持ちの方は下記の要項([4])に沿ってご応募下さいますようお願いします。

[1]村長職の主たる業務
*子どもの村の事業運営に関する全般的な管理
・家族の家(育親家庭)の指導・支援
・スタッフの指導・管理
・地域との関係構築 など。

[2]村長職に求められる知見・業務遂行力
・わが国の社会的養護に関する動向・問題認識
・NPO法人としての子どもの村東北の存在意義認識
・業務推進企画・実践力
・スタッフに関する指導と人事・労務管理力
・対外折衝力 など。

[3]処遇等
・原則として当法人と業務委託契約を結ぶ
・原則として村に常駐(村長の家に居住)
・報酬等は当法人の定めによる

[4]応募手続き
①説明会への参加
・上記[1]~[3]に関して詳細な説明会を行います。
当法人事務局へお申込み下さい。
*申し込み受付 1月31日(木)16時まで
*説明会日時  2月3日(日)13時~15時
(説明会終了後、希望者には子どもの村をご案内することも可
能です。)
当日は履歴書・職歴書をご持参ください。
参加数によって時間を変更する場合があります。
詳細は申込み後にご連絡いたします。
②応募締切   2月8日(金)必着
・必要書類         履歴書、職歴書
③面接
書類選考後、合格者に対し面接を行います。
・書類選考結果発送日 2月13日(水)
・面接日   2月17日(日)
・時間    13時~17時(予定)
④合否通知
・通知日時  2月19日(火)

◆お問合せ先
特定非営利活動法人 子どもの村東北 法人事務局
〒980-0021 仙台市青葉区中央二丁目7-30角川(つのかわ)ビル511
TEL:022-748-6936   FAX:022-748-6931
担当者/法人事務局スタッフ 長谷川
E-mail/hasegawa-m@cvtohoku.org

 

 






2018年12月19日

 

素敵な音色に心があたたまりました。

2018年12月18日(火)日立システムズホール仙台(仙台市青葉区)で、東日本大震災復興応援コンサート~祈りをこめてpart30 in仙台~が開催されました。震災直後に始まったこのコンサートは今回で30回目となりました。この間、多くの方が素敵な音色に心を休めることができたことと思います。ヴァイオリン神谷未穂様、チェロ  エマニュエル・ジラーリ様、クラリネット日比野裕幸様、ピアノ相澤やよい様に御礼申し上げます。主催者のご厚意で受付に子どもの村東北募金箱を設置させていただきましたところ、15,901円もの募金が集まりました。重ねて御礼申し上げます。

 






2018年12月19日

 

国際ソロプチミスト・仙台アイリス様の継続支援に御礼申し上げます。

2018年11月1日(木)国際ソロプチミスト・仙台アイリス主催のチャリティーディナーコンサートが国際ホテル(仙台市青葉区)で開催され、今年も継続したご支援をいただきました。その感謝状の贈呈式を12月11日(火)子どもの村東北センターハウスで行いました。開村前から仙台アイリスのみなさまには、温かくそして力強く応援頂いており励みとなっております。心より御礼申し上げます。






2018年11月17日

 

街頭活動のご報告

2018年11月17日(土)、仙台市青葉区の東二番町通りで、恒例の街頭活動を行いました。今回も、聖和学園高等学校薬師堂キャンパスの生徒さんが8名も参加してくれました。とても肌寒く感じる中でも元気に活動してくれました。道行く方々のご厚意で10,523円もの募金が集まりました。募金にご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。今年は4月から12月までで61名もの高校生の協力を受けることができました。このような高校生ボランティアの協力に心から感謝しております。






2018年11月12日

 

11/23(祝・金)虐待防止・県北シンポジウム開催のお知らせ

11月23日(祝・金)10:00~15:30、大崎市古川保健福祉プラザ(fプラザ)を会場に、第11回虐待防止・県北シンポジウムが開催されます。子育てを支援するをテーマに、虐待防止のために私たちにできる子育て支援についてさまざまな立場で意見を出し討議されます。また、愛着障害についての講演とそれに対するペアレント・トレーニングのワークショップも行われます。入場無料です。ぜひご参加ください。お問い合わせは、公立黒川病院小児科TEL:022-345-3101(内線352)岩城まで。(共催:虐待防止県北シンポジウムの会、NPO法人子どもの村東北、にゃっきーず)※HP上で、日程を11月30日と誤って記載しておりました。お詫びして訂正いたします。正しくは11月23日(祝・金)です。お間違えのないようよろしくお願いいたします。






2018年10月27日

 

街頭募金活動のご報告

2018年10月27日(土)、仙台市青葉区の東二番町通りで、恒例の街頭募金活動を行いました。今回は、聖和学園高等学校薬師堂キャンパスの生徒さんが16名も参加してくれました。前夜から降り続いた雨もあがった秋空のもと、明るく元気に支援を訴えてくれました。多くの方が足を止めて資料を手に取ってくださり募金にも協力してくださったお蔭で合計25,605円もの募金が集まりました。また、室内で資料のセット作業も交代で手伝っていただきました。募金に協力してくださった皆様に心より御礼申し上げます。また、ボランティアに協力してくださった聖和学園高校の生徒のみなさんと先生方に感謝申し上げます。
このように高校生ボランティアの協力をいただけるようになったのは2016年度からです。そしてこれまでに延べ157名の方に心強い協力を得られたことは感謝の念に尽きません。若い世代にも子どもの村の活動を知っていただくことにも繋がっていることに喜びも感じます。






2018年10月25日

 

11/23(祝・金)虐待防止・県北シンポジウム開催のお知らせ

11月23日(祝・金)10:00~15:30、大崎市古川保健福祉プラザ(fプラザ)を会場に、第11回虐待防止・県北シンポジウムが開催されます。子育てを支援するをテーマに、虐待防止のために私たちにできる子育て支援についてさまざまな立場で意見を出し討議されます。また、愛着障害についての講演とそれに対するペアレント・トレーニングのワークショップも行われます。入場無料です。ぜひご参加ください。お問い合わせは、公立黒川病院小児科TEL:022-345-3101(内線352)岩城まで。(共催:虐待防止県北シンポジウムの会、NPO法人子どもの村東北、にゃっきーず)※日程を11月30日と誤って記載しておりました。お詫びして訂正いたします。正しくは11月23日(祝・金)です。お間違えのないようよろしくお願いいたします。






2018年10月17日

 

ニュースレターがリニューアルしました!

子どもの村東北ニュースレターは創刊から20号目の発行となります。
この記念すべき20号から、内容をリニューアルして発行することとなりました。

これまでとは少し違った視点で、子どもの村東北のこと、社会的養護に関することなどをお伝えして参ります。どうぞご高覧ください。

子どもの村東北法人事務局