2018年11月12日

 

11/23(祝・金)虐待防止・県北シンポジウム開催のお知らせ

11月23日(祝・金)10:00~15:30、大崎市古川保健福祉プラザ(fプラザ)を会場に、第11回虐待防止・県北シンポジウムが開催されます。子育てを支援するをテーマに、虐待防止のために私たちにできる子育て支援についてさまざまな立場で意見を出し討議されます。また、愛着障害についての講演とそれに対するペアレント・トレーニングのワークショップも行われます。入場無料です。ぜひご参加ください。お問い合わせは、公立黒川病院小児科TEL:022-345-3101(内線352)岩城まで。(共催:虐待防止県北シンポジウムの会、NPO法人子どもの村東北、にゃっきーず)※HP上で、日程を11月30日と誤って記載しておりました。お詫びして訂正いたします。正しくは11月23日(祝・金)です。お間違えのないようよろしくお願いいたします。






2018年11月09日

 

子どもの村東北 村長募集 (11/22締切)

 NPO法人子どもの村東北は、主たる事業とする社会的養護の子どもを専門家による支援のもと地域とともに養育する子どもの村を有しています。その子どもの村の管理・運営を主業務とする村長職を担う人材を募集します。
つきましてはその村長職の業務、その遂行に要する知見・能力、処遇等に関しては、大略、下記に示す通りです([1]~[3])。ご覧いただきましてご関心のある方、意欲をお持ちの方は下記の要項([4])に沿ってご応募下さいますようお願いします。

[1]村長職の主たる業務
*子どもの村の事業運営に関する全般的な管理
・家族の家(育親家庭)の指導・支援
・スタッフの指導・管理
・地域との関係構築 など。

[2]村長職に求められる知見・業務遂行力
・わが国の社会的養護に関する動向・問題認識
・NPO法人としての子どもの村東北の存在意義認識
・業務推進企画・実践力
・スタッフに関する指導と人事・労務管理力
・対外折衝力 など。

[3]処遇等
・原則として当法人と業務委託契約を結ぶ
・原則として村に常駐(村長の家に居住)
・報酬等は当法人の定めによる

[4]応募手続き
①説明会への参加
・上記[1]~[3]に関して詳細な説明会を行います。
当法人事務局へお申込み下さい。
*申し込み受付 11月22日(木)まで
*説明会日時  11月25日(日)13時~15時
当日は履歴書・職歴書をご持参ください。
②応募締切   11月30日(金)
・必要書類         履歴書、職歴書
③面接
書類選考後、合格者に対し面接を行います。
・書類選考結果通知 12月  5日(水)
・面接日   12月16日(日)
④合否通知
・通知日時  12月20日(木)

        以上

◆お問合せ先
特定非営利活動法人 子どもの村東北 法人事務局
〒980-0021 仙台市青葉区中央二丁目7-30角川(つのかわ)ビル511
TEL:022-748-6936   FAX:022-748-6931
担当者/法人事務局スタッフ 長谷川
E-mail/hasegawa-m@cvtohoku.org

 

 






2018年10月27日

 

街頭募金活動のご報告

2018年10月27日(土)、仙台市青葉区の東二番町通りで、恒例の街頭募金活動を行いました。今回は、聖和学園高等学校薬師堂キャンパスの生徒さんが16名も参加してくれました。前夜から降り続いた雨もあがった秋空のもと、明るく元気に支援を訴えてくれました。多くの方が足を止めて資料を手に取ってくださり募金にも協力してくださったお蔭で合計25,605円もの募金が集まりました。また、室内で資料のセット作業も交代で手伝っていただきました。募金に協力してくださった皆様に心より御礼申し上げます。また、ボランティアに協力してくださった聖和学園高校の生徒のみなさんと先生方に感謝申し上げます。
このように高校生ボランティアの協力をいただけるようになったのは2016年度からです。そしてこれまでに延べ157名の方に心強い協力を得られたことは感謝の念に尽きません。若い世代にも子どもの村の活動を知っていただくことにも繋がっていることに喜びも感じます。






2018年10月25日

 

11/23(祝・金)虐待防止・県北シンポジウム開催のお知らせ

11月23日(祝・金)10:00~15:30、大崎市古川保健福祉プラザ(fプラザ)を会場に、第11回虐待防止・県北シンポジウムが開催されます。子育てを支援するをテーマに、虐待防止のために私たちにできる子育て支援についてさまざまな立場で意見を出し討議されます。また、愛着障害についての講演とそれに対するペアレント・トレーニングのワークショップも行われます。入場無料です。ぜひご参加ください。お問い合わせは、公立黒川病院小児科TEL:022-345-3101(内線352)岩城まで。(共催:虐待防止県北シンポジウムの会、NPO法人子どもの村東北、にゃっきーず)※日程を11月30日と誤って記載しておりました。お詫びして訂正いたします。正しくは11月23日(祝・金)です。お間違えのないようよろしくお願いいたします。






2018年10月17日

 

ニュースレターがリニューアルしました!

子どもの村東北ニュースレターは創刊から20号目の発行となります。
この記念すべき20号から、内容をリニューアルして発行することとなりました。

これまでとは少し違った視点で、子どもの村東北のこと、社会的養護に関することなどをお伝えして参ります。どうぞご高覧ください。

子どもの村東北法人事務局

 






2018年10月13日

 

街頭活動のご報告

2018年10月13日(土)、仙台市青葉区の東二番町通りで街頭募金活動を行いました。今回は、常盤木学園高等学校の生徒さん8名がボランティアで参加してくれました。礼儀正しく丁寧に支援を訴えてくれるその姿に感謝の気持ちでいっぱいです。多くの方が募金に協力してくださり合計28,149円もの募金が集まりました。また、室内でニュースレター発送作業も手伝っていただきました。募金をして下さった方々はもちろんですが、ボランティアで参加してくださる多くの皆様に私たちの活動が支えられていることを感じます。みなさまに心より御礼申し上げます。






2018年10月05日

 

継続したご支援に御礼申し上げます。

宮城県遊技業協同組合様では、社会貢献活動の一環として、地域社会のために活動している団体に対する支援を毎年実施されておられます。当法人に対しましては昨年に引き続きご支援をいただけることとなり、9月28日(金)仙台市にある組合会議室にて目録贈呈式が執り行われ、理事長の竹田隆様より岩城常務理事が目録を頂きました。子どもの村を見学に来て下さったこともあり、子どもの村の活動に深いご理解を頂いていることに心より感謝申し上げます。このような継続した多くのご支援に支えられ、これまでに里親委託7名、一時保護17名、里親レスパイトなど29名、計53名の子どもたちを養育して参りました。心より御礼申し上げます。






2018年09月10日

 

ボランティアのみなさまの協力のお蔭です!

2018年9月8日(土)、今日も常盤木学園高等学校の生徒さんにボランティアに来ていただきました。パンフのセット作業や、街頭活動で使用する資料のセット作業を手伝っていただけてとても助かりました。天候が回復した夕方に、それらの資料を街頭で配布させていただきました。このように街頭活動をお手伝いいただける方や、平日に事務局で簡単な事務作業をお手伝いいただける方、村(茂庭台)で環境整備や簡単な大工仕事などのボランティアとして協力して下さる方を随時募集しています。関心がある方は法人事務局(TEL:022-748-6936)までご連絡ください。






2018年08月25日

 

街頭募金活動をおこないました。

2018年8月25日(土)、仙台市青葉区の東二番町通りで街頭募金活動を行いました。今回は、聖和学園高等学校の生徒さんが14名もボランティアで参加してくれました。とても厳しい暑さの中、交代で休憩をとりながら丁寧に支援を訴えてくれました。おかげで合計13,195円の募金が集まりました。また、室内でのパンフセット作業も手伝っていただきました。募金をして下さった方々はもちろんですが、ボランティアで参加してくださる多くの皆様に私たちの活動が支えられていることを感じる時間となりました。みなさまに心より御礼申し上げます。






2018年08月08日

 

ご自宅に眠る古品が寄付に代わります!

子どもの村東北では、今年度から新しい寄付の方法として、ご自宅に眠っている古品、たとえば、切手やはがき、古銭、骨董品、ブランド時計や食器、カメラ、携帯電話など使用しなくなったものを寄付に変える「お宝寄付」という方法での寄付の受付を開始しました。寄付してもいい「お宝」を段ボールに梱包し、指定業者まで着払いでお送りください。指定業者で査定後、通常査定額に10%上乗せされた金額が子どもの村東北に寄付されるという仕組みです。ぜひご活用ください。着払い伝票を必要とされる方には、専用の伝票をお送りすることができますでの、法人事務局(TEL:022-748-6936)までお電話ください。