2018年07月11日

 
 

静岡からあたたかいエールを贈っていただきました!

7月8日(日)午後、とても暑い日曜日にも関わらず、静岡県沼津市で子どもの村東北支援を目的としたチャリティーコンサートが開催されました。「ことの家」チャリティーコンサートとお話しの贈り物と題したこのコンサートは、各所へのチャリティーを目的に2005年から96回も継続しているそうです。その活動を継続するなかで、震災を機に子どもの村東北との出会いがあり、開村前、開村後と継続してご支援くださっています。この日も47名ものお客様が参加してくださり、118,000円ものご寄付を賜りました。主催者でピアニストの原田治子さんとスイスを拠点に活躍されているバイオリニスト牧野順也さん、お手伝いしてくださった関係者のみなさまに心より御礼申し上げます。






2018年07月04日

 
 

アサヒグループホールディングス様へ感謝状をお贈りしました。

アサヒグループホールディングス株式会社様からは、東北の復興支援の取り組みの一環として2014年度より毎年継続したご支援を頂いております。今年度も引き続きのご寄付を賜りましたので仙台市にあるアサヒビール株式会社東北統括本部仙台支社を訪ね、アサヒビール仙台支社垣内康志支社長に感謝状をお渡ししました。垣内支社長からは「地域に密着した貢献をという想いでいる。今後も応援していきます」とお言葉をいただきました。子どもの村の活動は短期的なものではなく、長期的、永続的に継続することが重要な事業でありますので、その趣旨に深いご理解を頂いていることに心より御礼申し上げます。






2018年07月03日

 
 

スタッフ(ファミリーアシスタント)募集中!

子どもの村東北では、事業の拡張のため、「ファミリーアシスタント」1名を募集しています。ファミリーアシスタントとは、子どもの村の育親(里親)さんをサポートしながら、育親さんによる里子たちの養育を支援する仕事です。「子どもの村とはどんなところ?」「ファミリーアシスタントの仕事とは?」「子どもの村を見学してみたい」など関心がある方はお気軽にお電話ください。
詳しいお問い合わせは、法人事務局(TEL:022-748-6936)までお問い合わせください。






2018年07月03日

 
 

【村日記】  vol.42

梅雨入りしジメジメした日々が続きます。子どもたちは雨にも負けずに日々を過ごしています。人間には億劫な季節でも植物には恵みの雨のようで、村の庭や畑に植えている植物はすくすくと成長しています。今回は畑に植えた夏野菜をご紹介します。

5月の中頃に植えたナスです。やっと花が咲いたので、これから実がなってくるのをみんなで楽しみにしています。

ミニトマトです。下のほうにたくさんの実がなっています。緑が赤くなる日が待ち遠しいです。

 

この他にも畑には、バジル・イチゴを植えていて、それを見た子どもが「水をやるとかしたくないけど、イチゴは食べたい」と。小悪魔的?な感想を聞かせてくれました。これからも夏に大量の収穫を期待して、成長を見守っていきたいと思います。

ファミリーアシスタント 德永