2017年09月14日

 
 

ボランティア募集してます

子どもの村では随時ボランティアを募集しています。街頭活動を手伝える!草取りが得意!力自慢で重たい荷物も平気!日曜大工が得意!簡単な事務作業やスタッフの色々なサポートができる!などなど、こんな時間に、こんなお手伝いができますよとご連絡ください。お手伝いいただく場所は、村(仙台市太白区茂庭台)か法人事務局(仙台市青葉区中央)です。まずはご相談ください。みなさまのお問い合わせをお待ちしています。






2017年09月08日

 
 

育親(里親)さんを募集しています

【育親(いくおや) 募集中】
子どもの村東北は、「すべての子どもに愛ある家庭を」をスローガンに、世界に広がる国際NGO「SOS子どもの村」の理念を基本として運営されます。子どもの村で子どもを養育する方を育親(いわゆる里親のこと)と言いますが、育親は専門家の支援を受けながら子どもたちを育てていきます。子どもの村東北では、子どもたちを育ててくださる「育親」を随時募集しています。関心がある方は、まず法人事務局へお問い合わせください。

【育親の条件】
①「SOS子どもの村」の養育理念に理解のある方
②ご夫婦か単身女性で、児童福祉法による養育里親に登録できる方(登録者も含む)
③子どもの村東北(仙台市茂庭台)に建てられている「家族の家」に住んで、長期にわたって子どもを養育できる方

【育親になるまで】
①書類選考の上、面接による一次選考があります。
②SOS子どもの村JAPAN(福岡市)での実習等による二次選考があります。
③二次選考による内定後、子どもの村東北が行う研修を受け、「SOS子どもの村」の基本を理解していただきます。
④養育里親登録をしていない方は、仙台市が行う養育里親になるための研修を受講し、仙台市による養育里親登録が必要となります。

【育親になると】
①子どもの村東北と確認書を交わします。
②子どもの村東北から、家が無償貸与され、児童相談所から委託された子どもを、その家で育てていきます。
③子どもの養育に必要な生活費と里親手当(里親制度による公費)の他に、子どもの村東北から、育親に対して生活支援費が支給されます(生活支援費は、子どもの村東北の規定によります)。
④村長やセンタースタッフ、育親アシスタントが、日々の生活をサポートします。
⑤必要に応じて、医師や臨床心理士などの専門家のサポートを受けられます。

【応募方法】
まずは、法人事務局へメールまたは電話で随時お問い合わせください。詳細はご相談の上。

【法人事務局】
〒980-0021 仙台市青葉区中央2-7-30 角川ビル402号
TEL: 022-748-6936   FAX: 022-748-6931
E-mail: info@cvtohoku.org
担当理事:岩城 法人事務局担当:長谷川・橋浦